スポンサーリンク

4玉でどれぐらい編める?編み間違いの直し方について:アラン模様セーターの編み物に挑戦

ハンドメイド

前回は、編み間違いをしてめちゃくちゃ凹みました。

今では、すでにドン底から立ち直り、後ろ身頃完成まであとわずか!

久美子
久美子
このまま突っ走るよ~!

今回はその続きで、

  • 50gの毛糸4玉でどこまで編めたか?
  • 編み間違いの直し方ポイント

についてレポートします。

これからセーターを編んでみたいな~っていう人のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

4玉でどれぐらい編める?40代で初めてセーターを編む

4玉で112目×80段+92目×30段まで、脇から少し上まで編めました。脇って、そでの付け根のことです。

5玉目で、後ろ身頃が完成しそうで嬉しいです。そこ後は、前身頃を編んで、袖に突入します!

やはり、セーターを編むには、10玉と言わず、12,3玉、余裕を見て買っておいた方がよさそうですね。

ちなみに、この前のトンデモナイ失敗をしたのは、このあたり。

あれ?こうしてみると、何も違和感ないですよね~。あんなに悩む必要なかったなぁ。

「もうヤダ…」と凹んだ、トンデモナイ失敗談はこちら。

編み間違いの直し方:40代初めてのアラン模様セーターに挑戦

編み間違いをした時の直し方のポイントは、かぎ針を使うことです。

まず、間違ってる編み目の段まで、編み目をほどきます。

ほどいた目をすくって、糸を正しくかけ直します。

かぎ針を使って、棒針に正しい編み目をかけ直します。

この時、目の右側の足が、手前にくるように棒針へかけます。

以上で編み間違いを直すことができます。裏目と表目を直すだけの単純な直しなら、簡単にできるので、お試し下さい。

直せない場合、直した方がキレイに仕上がる場合についてはこちらをご覧下さい。

糸を固くつなぐ結び方:40代初めてのアラン模様セーターに挑戦

2玉以上使う編み物には、ほどけにくい糸つぎが必要。毛糸を途中でつぎ足すには、こちらの結び方がほどけにくくてお勧めです。

4玉でどれぐらい編める?40代で初めてセーターを編む

私が使ってる、おすすめ道具と本についてもご紹介しますね。参考になれば幸いです。

おすすめ道具:初めてのセーター編み物

その記事でもご紹介してたんですが、こちらの「なわ編針U(ユー)」という小道具が使いやすくてアラン模様には必需品です。

なわ編針U

もし、これがなかったら、部分直しすらできなかったので、事前に買っておいた方がいいでしょう。

ちなみに、この「なわ編針U」は、こちらで買えます。

こちらのほつれ止めも使いました。

最近では、こういう編み針としてそのまま使えるタイプもあり、ますます便利に。

ほつれ止めから棒針へ目を移さなくていいですからね。

1セット持っておくと、間違いなく編み物が快適になります。

上でご紹介した3つのうち、なわ編みUと、ほつれ止めは、編み物に必須!

準備万端で、編み物にとりかかれば、たとえ途中で編み間違えても怖くないですね。

お勧めの本:4玉でどれぐらい編める?40代で初めてセーターを編む

私が編んでいるセーターの編み図や編み方が載っている本をご紹介します。

この本、他にもおしゃれなニット帽や手袋が載ってますよ。

 

次々、編んでみたくなる不思議な本。編み込み模様もカワイイし、次々編みたくなります。

お得に編み物の材料・道具を購入するには?:40代で初めてセーターを編む

初めて棒針でセーターを編むには、どんな道具がいるのか?どうやって、材料をお得にそろえたのか?について、こちらの記事がお役立ちです。

まとめ:4玉でどれぐらい編める?40代で初めてセーターを編む

いかがでしたか?今回は、4玉でどこまで編めたか?と、編み間違いの直し方をご紹介しました。引き続き、楽しんでセーター編み編みしていきます。

12月中にはセーター1着完成させるので、無事に仕上がるよう、祈ってくれたら嬉しいです。お楽しみに~!

このアラン模様のセーターを編んだ全レポートは、こちらからご覧頂けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました