スポンサーリンク

1段目「作り目」のやり方:40代で初めてアラン模様のセーターを編む!9玉でここまで編めた

ハンドメイド

前回は、7玉でどこまで編めたかレポートしました。

久美子
久美子

棒針が太すぎたのと、編み目がゆる過ぎたのか、大きめセーターに仕上がりそうですが、後戻りせずガンガン進みます!

編み物ベテランさんは、400gぐらいで1着仕上げられるようです。私の場合、15玉は使いそうなので、仕上がりは50g×15玉=750gぐらいになりそうで、「え、2倍かよ?!」と、何やら恥ずかしい気持ちになりましたが、気のせいでしょう。

他人の目を気にするのはよくないですから。ハハッ!

さて、9玉目に突入し、Vネックの谷まで編めました。

この記事では、1段目「作り目」の編み方について、ふり返っていきます。

  • 50gの毛糸9玉で前身頃のVネック谷まで編めた
  • 1段目「作り目」の編みかた

これからセーターを編んでみたいな~っていう人のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

作り目のやり方:9玉でどれぐらい編める?40代でセーターを編む

セーターの1段目って、どうやって編むのでしょうか?

  • 棒針で作り目はできるのか?
  • カギ針がいるのか?

初心者なら、疑問に思うところだと思います。

結論から言うと、作り目は、棒針で作れます。

どんな風に作るかと言うと、まずポイントは、針と毛糸の持ち方です。

親指にかかった下側の糸を棒針に引っかけ、

右へ引き出し、

糸を引っかけ、下に下げ、

親指を曲げ糸を抜き、指から糸を外します。

薬指の上にかかってる糸を親指に引っかけ、下へ引っ張り、引きしめ、

親指を上げ、糸を100%引きしめます。

すると、こんな風に1目、作り目が編めました。

こんな風にして、セーターの1段目(作り目)の112目を作ります。

作り目のやり方は、画像を見ただけでは分かりにくいですよね。

そこで、GIF動画を作ってみました。いかがでしょうか?

少しは分かるかもしれません。さらに詳しい「編み方動画」は準備中です。

ちなみに、私が編んでいるのは、こちらの本に載ってるアラン模様のセーター。

アパレルのお店に売ってるような、現代風でおしゃれなデザインのニットが目白押し。

 

次々、編んでみたくなる不思議な本。編み込み模様もカワイイし、次々編みたくなります。

編み物の材料・道具をお得に購入するには?:40代で初めてセーターを編む

初めて棒針でセーターを編むには、どんな道具がいるのか?どうやって、材料をお得にそろえたのか?について、こちらの記事がお役立ちです。

まとめ:作り目の編み方:40代で初めてアラン模様セーターを編む

いかがでしたか?今回は、作り目のやり方と9玉でどこまで編めたか?についてご紹介しました。

12月中にはセーター1着完成させるので、無事に仕上がるよう、祈ってくれたら嬉しいです。お楽しみに~!

このアラン模様のセーターを編んだ全レポートは、こちらからご覧頂けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました