スポンサーリンク

簡単!フライパン1つで子どもと作れる!鯛のアクアパッツァ作り方

簡単アクアパッツァ 料理

子どもといっしょに、アクアパッツァを作りました。

久美子
久美子

フライパン1つでできるのでお勧めですよ~!

20分もあれば完成します。

下ごしらえをしっかりしておくのがポイントです。

スポンサーリンク

アクアパッツァとは?

そもそも、アクアパッツァとは、「狂った水」という意味だそうです。

火にかけると、魚が口をあんぐりひらいた状態になりますよね?それが、狂った…のネーミングの由来なのでしょうか?とにかく美味しい!

鯛のアクアパッツァの材料

真鯛の他、鮭、鱈などでも、美味しく作っていただけます。

基本的に、どんな魚でもOK!

今回は、ぴかぴかの鯛が2匹手に入ったので、調理していきます。

魚屋さんで、内臓を取っておいてもらいましょう。
英語で言ってみた→ Remove the internal organs of the fish, please.
 
このように身に穴を空けて、取り除いてくれました。さすがプロの技!
 
 

鯛のアクアパッツァ材料

では、アクアパッツァの材料をご紹介します。

  • お魚(好みの量)
  • たまねぎ(1つ)
  • パプリカ(赤、黄1つずつ)
  • こしょう
  • オリーブオイル
  • ハーブ

資材

  • キッチンペーパー

なお、あさりやムール貝などがあれば入れてもいいんですが、しっかり砂抜きして下さいね。

私は、かんだ時のジャリッというのがイヤなので、入れません。だって、どんなに砂抜きしても、ジャリッて言うんだも~ん。

鯛のアクアパッツァ作り方

まずは、ザックリと作り方をご紹介します。

  1. 魚の下ごしらえをする
  2. 野菜を切る
  3. 野菜を炒める
  4. 魚の両面を焼く
  5. 野菜を戻して蒸し焼きする

では、順番にご紹介しますね。

魚の下ごしらえをする

そもそも下ごしらえとは、下準備という意味です。と言っても難しくはありません。

ただ塩をふって、にじみ出てきた水分をふき取るだけ。

30分ぐらい前に、塩をふっておきます。

赤い汁がにじみ出てくるので、キッチンペーパーでふき取るだけです。

カンタンなので、子どもたちにやってもらいました。

野菜を切る

野菜は、ひと口サイズにざく切りにして、小皿に入れておきましょう。

玉ねぎは端を切って、

皮をむきます。

ひと口サイズに、ざく切りします。

パプリカは種を取って、

ざく切りにします。

小皿に分けておきましょう。

野菜を炒める

中火にし、オリーブオイルを大さじ1杯入れ、玉ねぎから炒めます。

3分ほど炒めてから、パプリカを加えます。

塩こしょうを加えて、さらに2分ほど炒めます。

いったん、別のお皿に取り出します。

魚の両面を焼く

オリーブオイルを大さじ2杯ほど足します。魚をそっと入れます。

まず片面を焼きます。フタをして5分間、蒸し焼きします。

フタを外し、魚を裏返します。

野菜を戻して蒸し焼きする

先ほど取り出しておいた野菜を魚の間に入れたり、全体にふりかけたりして戻し入れます。

またフタをして、10分間蒸し焼きにしましょう。

できあがり!

お魚に火が通っていれば、できあがりです!

鯛のアクアパッツァを食べてみた感想

では、私の家族の感想を聞いてみます。アクアパッツァ、どうだった?

あにしゃん
あにしゃん

パプリカと味が合う~。

りりぃ
りりぃ

お箸が止まらないよ~。

パパ
パパ

頭のほほ肉も美味しかったよ。目の周りのゼラチン質とか。

鯛のアクアパッツァの栄養価

アクアパッツァは見た目が華やかな料理ですが、意外と比較的カロリーが低いです。

アクアパッツァ1食あたり

  • エネルギー 170kcal 
  • タンパク質 16g
  • 脂質 9g
  • 炭水化物 3g

そのため、ダイエット中にしっかり油を使った料理を食べたい、といったときにも丁度よい料理ですね。

また、アクアパッツァで摂ることのできる油は、主にオリーブオイルと魚の脂であり、どちらも体に良い油と言われています。ぜひダイエット中にも食べてもらいたいメニューですね。

鯛のアクアパッツァおススメ度★★★★★

☆星5つのうち、★★★★★星5つです!

胸を張って、おすすめできるレベルです。

彩も鮮やかですし、見た目も華やか。パーティーメニューにもぴったりです。

鯛のアクアパッツァの発祥

アクアパッツァは、イタリアのカンパニア州発祥の郷土料理です。

本来は、魚介類とトマト、オリーブオイルを一緒に煮込んだスープで、ブイヨンは一切使いません。

魚は主に白身魚がよく用いられ、魚介類から出る出汁もポイントでとなるので、魚だけでなく貝が入っています。

また、魚の骨から出る出汁もおいしさを引き立てられるので、切り身ではなく一尾丸ごと使うことも多いそうですよ。

調理も簡単なので、家庭で作る方もたくさんいるそうです。

今回はかんたんレシピということで、魚以外の魚介類は入ってませんが、作るのに慣れてきたら、他の具材を入れて、様々な味わいを楽しんでみてね。

まとめ

アクアパッツァは、名前だけ聞くと、おしゃれな感じで作るのが難しそうですが、めちゃくちゃカンタン。

私は、煮魚を作るより簡単です。砂糖も入れないし、健康にも良いですね。カンタンなので、ぜひ作ってみてね。

あなたのブログを資産に変える方法
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました