スポンサーリンク

初めてアラン模様のセーターに挑戦!40代から始める編み物:必要な道具と毛糸をお得に買う方法

編み物

初めてアラン模様の、棒針編みセーターに挑戦してみませんか?

お店に売ってるようなセーターが、もし自分にも編めたら…?

無人島でも生きていけそうで、何だかワクワクします。何でも作れるのって、私にとってすごく楽しいことみたい!木星座が乙女座なのが関係あるかも?

あ、ほら。木星って、ラッキースターでワクワクを司る星。それが、何でも一通り、そつなくこなせちゃう乙女座にいたってことだから。私のホロスコープの話ね。

でも、マフラーのように単純な編み方とは違って、セーターともなると、毛糸と棒針があればすぐに編み始められるようなものではありません。

初めてセーターを編むには、何の道具をそろえなきゃいけないとか、色々と事前に準備があります。

そこで、このブログでは、40代で初めてセーターを編むという挑戦に、どうやって取り組んでいったか、についてご紹介していきますね。

今まで小物は編んだことあるけど、「セーターはまだだわ」「いつか挑戦してみたいわ」という方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

初めてアラン模様のセーターに挑戦!40代から始める編み物

最近、ケーブル編みのニットが気に入っていて、自分でも編みたいな~と思い始めまして。

アラン模様って言うんですよね。編み模様のないシンプルなセーターより、こういう立体的な編み方が好き。

アラン模様のセーター

ネットで「初心者向け・セーターの編み方」というキーワードで調べてたんですが、これ!というサイトが見つからず。「無料編み図」で検索しても、怪しいサイトに誘導されそうになって危ない、危ない…。

久美子
久美子

というわけで、「じゃあ、自分で編んでみるか!」と思ったの。

ちなみに私は、今までに、アラン模様のマフラーと、靴下を1回ずつ編んだことがあるレベル。

セーターは初めて挑戦するので、ワクワクしてます。これは自分用に編みます。旦那さんは、ウールがチクチクするようで、編んでも多分、着ないと思うので~。あ、夫婦仲はいたって良好よ♪

セーターを編むのに毛糸は何玉必要なの?:40代で始める編み物

初めてセーターを編む人にとって、毛糸が何玉いるのか?

このバシッとした答えは、私がネット上で調べた限り載ってませんでした。

本を買ってみると、「このセーターを編むのに必要なのは○グラム」という風に載ってたんですが、

編みたいセーターのデザインや、毛糸の質、量によっても変動するでしょうし、仕方ないですよね。

ですが、一般的な目安の玉数だけでも教えてくれよ~ってことで、あえて快刀乱麻を断つとすれば、

セーターを編むのに、10玉あれば足りる!

のではないでしょうか?前後身頃や肩をとじ合わせる時にも毛糸が要りますし、多めに買っておけばいいかと。

ここでは10玉買うとして、ネットでお得に毛糸を買った方法をご紹介しますね。

材料:初めてアラン模様のセーターに挑戦!40代から始める編み物

その方法とは…フリマサイト「メルカリ」で買うことです。この毛糸もメルカリで購入しました。

ウール100%の毛糸が、こーんなにたくさん入って、2000円以下!

毛糸をお得に買うコツ:40代で初めてセーターを編むのに挑戦

私は、お買い得品を見つけるのが得意なんですが、この場合も、検索の仕方に少しコツがあるので、ご紹介します。

まず、検索ボックスに「毛糸 ウール100%」と入れます。

もちろん、販売中にチェックを入れ、

送料込みにチェックを入れ、

いいね順に並べます。

すると、数玉セットになってる毛糸が上位表示されます。

めぼしい商品にいいねしておきます。セーターを編むともなると、10玉はあった方がいいんですが、大概2000円はします。

けれど、数日観察してると、たま~にお買い得品が出てくるので、そういう時はすかさず購入です!

ここで欲張って値下げ交渉をすると、他の人に先を越されることがあるため、潔く即決で買ってしまいましょう。

「おすすめ商品」として、メルカリが似たような出品を、サジェスト表示してくれる場合もあります。そちらで購入することが多いので、まめにログインしてチェックするといいですね。

ちなみに、メルカリってすごく便利で、ほぼ新品のものがお手頃価格で買えたり、家の不用品を売れば、お小遣いが稼げたりします。

こちらで、メルカリに出品して稼ぐ方法について書いてるので、まずはアカウントを作ってみてはいかがでしょうか?

メルカリで出品して売れたポイントを、「1ポイント=1円」として使うこともでき、メルカリでのお買い物はとても便利。分割払いもできるんですよ。

道具:初めてアラン模様のセーターに挑戦!40代から始める編み物

必要な道具も、メルカリでお得にそろえました。

初めてセーターを編むので、一般的な毛糸の太さ「並太」用の号数を選びました。

調べてみたところ、並太の場合は、以下のような号数で良さそうです。

セーターを編むのに必要な道具
  • 棒針8~12号
  • 輪針8号
  • 鍵針7,8号
  • 目数リング
  • 段数リング
  • ほつれ止め

編み物の道具をお得に買うコツ:40代で初めてセーターを編むのに挑戦

手芸用品の老舗ブランド、クロバーの道具が使いやすそうと思いましたが、これら全部、正規店で購入すると、たぶん数千~2万円はかかってしまいそうなので、メルカリを活用することに。

結果、上記の編み物道具を全部で、たった1500円以下で買えました!

検索の仕方は、「編み物 道具 棒針 セット」などと検索。これも、数日間まめに検索をかけて、いくつかピックアップした中から選びました。

おススメの本3冊:初めてアラン模様のセーターに挑戦!40代から始める編み物

編み物の本も、50冊ぐらいネットで調べました。最終的に、下の3つに絞りました。

今回、私が買ったのはこちらの「手編みのトラディショナルニット

この赤いVネックのアラン模様のセーターに惹かれました。

実は、この本も1000円以下でメルカリでゲット。なので、初期費用はだいぶ押さえられました。

編み物初心者さんにお勧めしたい本:初めてセーター編むのに挑戦

まったく編み物をしたことない人は、こちらの「誰も教えてくれなかった基礎のキソ 新版 棒針編み困ったときに開く本」が絶対いいと思います。

中級者さんにお勧めしたい本:初めてセーター編むのに挑戦

中級者さんには、こちらの本「ネックから編む一年中のニット」も面白そうです。

一般的なセーターの編み方とは違うみたいで、応用テクが身に付きそう。

初期費用:40代で初めてセーターを編むには?

毛糸1800円+道具1500円+本800円なので、かかった初期費用は約4000円です。

セーターを編むために、必要なものを一式そろえるには?
少なくとも、約4000~5000円はかかる

ということですね。お得にそろえたとしても、数千円はかかるでしょう。

ですので、もし、もっとお手頃価格でハンドメイドを始めたいなら、

  • 100均を利用する
  • セーターではなく、帽子やマフラー等小物にする
  • 編み物ではなくて、ソーイングにする

のは、いかがでしょうか?

帽子やマフラーなら、毛糸5玉あれば足りそうですし、編み針は100均にもあるでしょう。

また、ソーイングなら100均で、糸100円+針100円+待ち針100円+はさみ100円+針山100円+布100円+金具100円…で、とりあえず1000円あれば一式そろえられるし、それなりに見栄えするバッグやポーチなどの作品が作れそうですよね。

ちなみに、私のソーイングボックスは、100均のキッチンコーナーにあったタッパ1箱。

手縫いですから、ミシンを出したり片づけたりする手間もありませんし、箱なので棚に置けてサッと取り出し、いつでも作業開始できるのが気に入ってますよ。

まとめ:初めてアラン模様のセーターに挑戦!40代から始める編み物

ここまで、初めてセーターを編み始めるまでの準備編をご紹介しました。

次はゲージを編んだり、作り目を作るとこらへんをレポートしようと思ってます。

無事にセーターが完成するのを祈っていて下さい。お楽しみに~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました