スポンサーリンク

オーストラリアの動物

りいるのブログ

今回はオーストラリアで見ることができる動物たちのご紹介。

スポンサーリンク

コアラ

オーストラリアで絶滅が心配になっている動物。

それがコアラ。

天敵がいないため何時間も動かず。

動きもナマケモノのようにゆったりしている。

1日のうち約20時間を寝て過ごす。

そのため「コアラ」はアボリジニの言葉で「水を飲まない」という意味。

人に攻撃することもある。

カンガルー

カンガルーはフクロネズミの仲間。

小型のものをワラビーと呼ぶ。

オーストラリアではメインの動物。

子どもをお腹の中で育てる。

ワラビー

カンガルーの小型の種類をワラビーと呼ぶ。

カンガルーと見分けがつかない。

カンガルーが小さくなった動物のように見える。

「ワラビーズ」の名前にも使われており、いかにオーストラリア人がこのワラビーという動物愛しているかがわかる。

クォッカ

クォッカはカンガルーやワラビー仲間の小型の動物であり、その時折見せる笑って見えるかのような表情から「世界一幸せな動物」などともいわれている。

ウォンバット

ウォンバットはカンガルーと同様フクロネズミの仲間の有袋動物。

ずんぐりとした体系で、夜行性の動物。

オーストラリアではコアラと並んで、人気の動物。

エミュー

ダチョウに似た鳥で飛ぶことはできない。

ダチョウより少々小型で、見た目は怖いが大変大人しい性格。

オーストラリアの動物園では、カンガルーと一緒に放し飼いにされてることが多い。

タスマニア・デビル

タスマニア・デビルは、タスマニアに生息する有袋動物。

一見可愛く見えるが、実は肉食で気性が荒く、口には2本の鋭い牙がある。

その2本の牙が名前の由来。

ディンゴ

犬が野生化したとも言われる動物。

オーストラリア全土に生息する野犬。

気を付けないといけないのは、見た目は普通に犬でも「野生の犬」ってことを忘れないでおくこと。

クロコダイル

オーストラリアに生息する大型のワニの種類。

もちろん、ワニなので注意が必要です。

川に生息しているが、メスを求めて海に移動することもある。

カモノハシ

カモノハシは実は古代の生き物、水の中に逃げ込んで生き延びたのです。

30㎝ほどの小型哺乳類。

汗のように母乳を出す。

平べったい口と水かきが特徴。

ハリモグラ

ヤマアラシに似ている動物。

体が鋭いトゲのおおわれている。

敵から身を守るために使う。

長い舌を使って、アリや小動物を食べる。

ワライカワセミ

ワライカワセミは「クッカバラ」と呼ばれている。

鳴き声が「わっははは」と聞こえることからワライカワセミと名付けられた。

大きさは40cmほどで、カワセミにしては大型。

クチバシが太く長く、昆虫やネズミ小動物などを捕食する。

まとめ

今回はオーストラリアの動物園で見れる動物でした。

ますます、オーストラリアに行きたくなりました。

海にはいきたくないけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました