スポンサーリンク

今知っといた方がいい!・海と川の危険生物。

あにやのブログ

海にはサメ、シャチ、クラゲだけじゃないのです。

海に行く前に知っといた方がいいです。

10:ダツ

ダツはサメよりも恐ろしいと言われています。

カジキと同じ吻があります。

ダツが首に刺さる事故が起きています。

ですが、ダツに刺さっても抜かずそのまま病院に行きましょう。

ダツに襲われないには夜に海に行かないことです。

ダツは光ならなんにでも突進してきます。

生息地:房総半島以南

特徴:体が細く、鋭い吻のような口、細かい牙。

9:オニダルマオコゼ

オニダルマオコゼは石に化ける魚です。

背ビレに毒とげがあります。

刺されたら24時間で5㎝の水ぶくれができます。

刺されないにはオニダルマオコゼじゃなくても石の上に乗らない事でしょう。

生息地:奄美大島以南

特徴:あまりにも石に似すぎてよくわからないがこれだけは言える。

背びれにとげがついていること。

8:イモガイ

イモガイは吻を持つ貝です。

イモガイ類はカラがきれいな色をしています。

なので、ついつい触ってしまいます。

イモガイに刺されて死亡した例があります。

イモガイの仲間のアンボイナは刺されたら所に穴があき、そこが紫色になります。

痺れて全身に広がり吐き気、目まいが起こり、意識不明になります。

そして、毒を絞って病院に行きましょう。

刺されないには三角形のきれいな貝を、さわらないことです。

生息地:伊豆諸島・紀伊半島以南(アンボイナ)

特徴:布の上に貝でも乗っているような姿。

7:アカエイ

アカエイはオーストラリアでTVを撮影していた男が海に潜ったらアカエイに胸を刺されました。

そして、男性は死亡しました。

刺された男性はスティーブ・アーウィンだった。

それほど危険だと知っておきましょう。

アカエイに刺されないには海に入る前に何がいるかチェックしましょう。

生息地:日本・東アジア。

特徴:見た目はふつうのエイだが、尾の上にとげがあるのがよく見るとわかるだろう。

6:カツオノエボシ

カツオノエボシに刺されたらアナフィラキシーという表所を起こします。

アナフィラキシーを起こしたら死の危険がある。

世界一巨大なクラゲのクダクラゲ目とされる。

ちなみに、カツオノエボシの体は浮き袋だけです。

じゃあなんで触手があるのかって?

カツオノエボシの触手は全部ヒドロ虫が集まった物です。

ちなみに、刺されたらタバコを一本数時間しかないそうです。

特徴:ドロドロな触手、爪楊枝で強く押したら割れそうな浮き袋。

5:UMA

UMAはネッシーなどで有名。

未確認生物と呼んでもいいでしょう。

googlemapdで移ってしまったヒトガタ。

この未確認生物の名前は知りませんが、皮膚が白く頭と足だけしかありません。

「顔もなかった」事で知られている。

氷河などの場所で見つかれますが、最近では夜中の監視カメラで映った事も。

UMAの本があるので、それくらい有名です。

みたい方は本屋で、売ってますが絶対に自分は…

あんまりですね(^^;)

スポンサーリンク

川の危険生物

川に遊びに行くんだったら危険生物も知っとかなきゃなりません。

川の危険生物は牙の無い魚もいますが、何かの危険な能力を持つ可能性があります。

10:カショ―ロ

カショーロはホウライエソのように頭を上に向けることができます。

ホウライエソと同様に長い牙がある。

だけど、ホウライエソは長い牙が1本。

カショーロは2本牙があります。

恐ろしいのは、ピラニアを食う事です。

ピラニアには、こんな話があります。

1匹のピラニアは弱い。

もちろんそのとうりです。

6~9匹の群れがいなければ強く離れません。

なので、ペットとして変えます。

うちのおばちゃんもピラニアを飼っていたそうです。

話で言うと金魚をガブリ!と、勢い良く食い尽くしたみたいです。

でも、小型のカショーロはピラニアと同様にペットにできます。

9:カルムチー「ライギョ」

またもやピラニアの点滴。

恐ろしいのは、噛まれると肉が食いちぎられます。

肉食的なんで、釣りをして牙を確認してみたらどうでしょうか。

釣りに行けない方はこれを見てください。

ライギョの牙

8:ガンディル

最初はドジョウのようにみえますが、吸血鬼のナマズです。

色は様々。

透明、茶色、薄い青。

知ってる方もいると思いますがブルーガンディルが薄い青色をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました