スポンサーリンク

ベランダ菜園で初めての野菜づくり!やってみて分かったメリットとデメリット

おすすめ

ベランダ菜園で初めて野菜を育てました!

初めての野菜菜園で、うまく育つか心配でしたが、難なくスルスル育ってくれてよかったです。

スポンサーリンク

ベランダ菜園メリット・デメリット

実際に育ててみて分かったベランダ菜園のメリット、デメリットをご紹介します。

ベランダ野菜菜園のメリット

  • 野菜が欲しい時にすぐ収穫できる
  • 無農薬の手作り野菜が食べられる
  • ちょっとだけ欲しい時にちぎって使える
  • スーパーなどで野菜を買わなくてもいい

ベランダ野菜菜園のデメリット

  • 毎日、水やりと手入れをしなくちゃいけない
  • 出張や長期の外出が多い人には向いてない
  • スーパーに売ってる野菜ほどのボリュームはない
  • 虫がわいてしまい全滅することもある

デメリットもありますが、手軽に自宅のべランダから、新鮮な野菜がすぐに取り入れられるのは魅力的です。

私たちは、これからドバイに移住するので、いつでも野菜のお世話ができるわけではありません。また、ドバイの気候も、日本と同じではないでしょう。

ですので、種があまっていますが、二期作はせず、栽培は今回で園芸は打ち切りです。

ベランダ菜園で野菜づくり70日目

2020/03/28に種まきをし、本日70日目の6/5です。つまり、2ヶ月と10日ぐらいたちました。

小かぶがピンポン玉ぐらいの大きさになりました。

それを見たあにくんが、卓球のマネをしてくれました。「ピンポンピ~ン♪」

植えてから1ヶ月目は、指先ぐらいの大きさだったんですよ~。

それが、ピンポン玉ぐらいまで大きくなりました。

実は、かぶがもっと大きくなってから、収穫しようと思ってたんです。

でも、他の水菜や小松菜などの野菜の収穫時期を逃し、スジが入ってしまいました。

こちらは水菜。だいぶスジが入ってしまい、せっかく料理しても、硬くて食べにくかったんです。

こちらは小松菜。

水やりはしっかりしてるのに、みずみずしさがなくなり、葉が裏返ってしまってます。

花まで咲いてしまいました。小松菜の花は、アブラナ科の黄色い花なんだね。

小松菜の花

ですので、小かぶは早めに収穫しました。

小かぶは、かぶの部分以外にも、葉の部分も炒めれば食べられます。

収穫は、子どもといっしょにやりました。植える時も水やりも手伝ってくれた2人。収穫も、楽しそうにやっていましたよ。

こちらのショップで購入したから、すぐに芽が出たんだと思います。

まとめ

野菜の園芸って、カンタンにできるんですね。

今までは苗から育てることが多く、今回、初めて種から育てました。種から育てる場合、もっと時間がかかるのかな?と思っていました。

ですが、実際に育ててみると、たった2ヶ月ほどで食べられるレベルに育ちました。

サラダに入れたり、炒め物にしたり。主人が料理の腕を振るってくれました。

採れたて野菜を乗せた、このパスタは最高でした!

初めて野菜を育てたので、刈り取りのタイミングを逃しました。次からは、みずみずしいうちに刈り取るようにします。

何事も、やってみないと分からないことありますよね。これからも色々挑戦して、たくさん発見していきます。

🔻好きなことを発信してお金を稼ごう🔻

コメント

タイトルとURLをコピーしました