スポンサーリンク

1万円で始める!ベランダ家庭菜園。コロナ対策で野菜の自給自足

レビュー

コロナの影響で、いつお店から野菜がなくなってもおかしくないです。

そもそも1ケ月後、お店自体が開いてるかどうか分かりません。

そうなった時、たとえ備蓄してるとは言え、新鮮な栄養も取りたいなと思い立ち、家庭菜園をすることにしました。

この記事でわかること

  • おすすめの購入先ネットショップ
  • ベランダ家庭菜園を始めるポイント
  • 効率のいい買い物をするためのメモ
スポンサーリンク

おすすめ苗と土の購入先・園芸ショップ

いかに経費をかけずに、良い商品を買うか?という観点で調べまくりました。

私が実際に購入した、おすすめの苗と土の購入先をご紹介しますね。

野菜が選べる栽培キット

🔻ネットショップはこちら🔻

ただ今、2個セットに変更されています。

画像を押すと購入先に飛びます

🔻売り切れの場合はこちら🔻

たくさんの野菜の中から選べるのが楽しいです。

どれを育てようか、迷っちゃいます。

私が家族と相談して選んだのは、次の5種類です。

  1. 水菜
  2. 小かぶ
  3. 小松菜
  4. ガーデンレタス
  5. ベビーキャロット

(ただ今、2個セットに変更されています。)

1ヶ月ほどですぐ収穫できるようです。

肥料が2回分に小分けにされ、分かりやすく工夫されているようです。

初心者でも、失敗せずに栽培成功できそうなので魅力的ですね。

種から育てるなんて難しそうなイメージですが、大丈夫かな?

お店の店長の言葉を信じてみよう!

ふかふかで軽いタキイの土

🔻ネットショップはこちら🔻

画像を押すと購入先に飛びます

初めての園芸を成功させるポイントは、ズバリ、土です!

触ってみたら、ホントにふかふかで軽~い土。おススメです!

てしまの苗・トマトの苗4種セット

🔻ネットショップはこちら🔻

画像を押すと購入先に飛びます

4色のカラフルなトマトの苗と、土がセットになって届きます。

しかも、レビューを読むと、おまけの苗がもらえるというではないですか!

運がよかったらもらえるかなー♪なんて、期待しつつ申込みました。

スティックセニョールという、長細いブロッコリーの苗を頂きました。

ちなみに、スティックセニョールは、大きくなると、こんな風になるようです。

サラダやパスタ料理、炒め物などに使ってみたいな♪楽しみです。

🔻楽天ショップ購入品リスト🔻

  購入数   税・送料込み
5種の野菜が選べる栽培キット 1セット 8,200 8,200
ふかふかのタキイの土 5つ 1,990 9,950
トマトの苗と土のセット 1セット 2,625 2,625
合計     20,775円(税込)

久美子’s メモ

今回、直接袋に植える袋栽培をしました。

お店の方に尋ねたところ、1つにつき、土1袋がいるとのことでした。

よって、トマトの苗4種セットには、土が4袋必要です。

セットに土が1つ付いているので、足りない3袋を買い足そうと思いました。

さらに、トマトの苗4種意外にもおまけの苗が付いてるかもしれないので、さらに土が1つ余分にいるなあと予想していました。

久美子
久美子

また、万が一を想定して、もう1袋余分に買っといた方がいいと直感で思ったんです。

そこで、合計5袋の土を、Nicocoさんで買いました。

すると、Nicocoさんから、想定外のおまけの種を頂きました。

紅白二十日大根と、パセリ、2種類のタネです。

結果的に、土を多めに買っておいて正解でした!

過不足なくすべての苗を植え、タネを蒔くことができました。

もし、予算を1万円以下で抑えるなら、5種の栽培キットだけでも十分かと思います。

私はトマトも楽しみたかったので、苗も注文しました♪

100円均一で購入した道具

家庭菜園で使う道具は、100均ダイソーで全部そろえました。

ネットショップも見たのですが、やはり送料がかかるので割高になってしまいます。

100円で買える物が、1000円以上かかってしまうんですね。

ダイソーでそろえたら、道具にかかった予算は、2,900円(+税)です。

防虫ネットの寸法は、1m×1.4mで、たっぷり使えます。

穴の大きさは1mm以上あるので、あまりにも小さい虫を防ぐには適していません。

ネットの下にゴム通し口を作り、ゴムを通します。着脱が楽にできるはずです。

ちなみに防虫ネットは、このようになりました。

すそにゴムを通したので、着脱楽々です♪

ミシンで作りました。

防虫ネットの作り方は、この記事の1番下にある動画を見て下さい。

支柱も100均でそろう!

リング付き支柱は、1本150円。

自立するので、袋栽培にブッ挿したいと思います。

袋を直置きすると水はけが悪くなるので、ジョイント人工芝を敷きます。

🔻100均での購入品リスト🔻

  購入数 単価  
防虫ネット 7袋 100 700
ソフトゴム 1袋 100 100
リング付き支柱 4つ 150 600
曲がる支柱(3本入り) 4袋 100 400
ジョイント人工芝 8枚 100 800
荷造りひも 1つ 100 100
枝を固定するワイヤー 1袋 100 100
有機肥料 1袋 100 100
合計     2,900円(+税)

めちゃめちゃ、材料費を下げられました。ラッキー!

買い物メモを書くのに3時間かけました

コロナが蔓延してる中、あちこち何時間も買い出しに行くのはリスクが高いです。

また、ネットショップで購入するので送料がかかります。

そこで、なるべくそれぞれ1回の買い物で終わらせたかったので、買い物リストの構想練り書き出しました。

買い物メモの内容は?

買い物メモに書いた内容は、次の通りです。

  • 春夏に育てられる野菜の種類
  • 購入先のお店の商品と送料
  • 100円均一で買う品物と数
  • ベランダのどこに何をいくつ置くか?(配置図)
  • 支柱をどうやって袋栽培に立てるか?

これらを書き出して、買い物リストをまとめました。

おかげで、たった1回の買い物で済ませることができ、スムーズに家庭菜園のスタートが切れました。

コロナ対策自給自足ベランダ家庭園芸

袋栽培にしたトマトの苗はこんな感じになりました。

↑おまけのスティックセニョールも、元気に育ってます。

袋栽培ってカンタン節約できてお勧め!

袋栽培は、袋に直接植え付けていくので、次の費用がかかりません。

  • プランター
  • 鉢底石

節約できて、捨てる時も袋ごとバサッと捨てるだけで簡単です。

ふかふかの土は、こちらのショップで購入。

🔻ネットショップはこちら🔻

画像を押すと購入先に飛びます

5種の野菜栽培キットはプランター付きで1万円以下

5種の野菜のプランターコーナーです。同じ大きさのプランターなので、見た目もきれい。

水もやりやすく、Nicocoさんで購入してよかった~。

プランター5つ分の土もセットなんですよ!しかも、送料込みだから、めちゃめちゃお得です。

🔻ネットショップはこちら🔻

ただ今、2個セットに変更されています。

画像を押すと購入先に飛びます

初心者でもベランダで野菜を育てるのが超カンタン!

3/28に鉢植えしたタネが、1週間ほどで、あっという間に芽を出しました!

こちらは、小松菜の芽です。

指先の太さと比べて下さい。めちゃめちゃ小さいのが分かりますか?

ガーデンレタスも芽を出しました。

ガーデンレタス

ところが、ベビーキャロットの芽は、なかなか発芽しませんでした。

でも、こちらの栽培キットは、予備のタネ付きなので心配なし!

同じところにまき直しました。すると2日後、芽を出しました。ひとまず、安心。

4種のトマトの苗は、花を付けました。

種まき後18日たち順調です

種まきから18日後。

🔻こちらは小松菜の芽です🔻

1番元気に、ぐんぐん大きく育ってます。

他の芽も、どんどん大きくなってますよ。

🔻こちらは水菜です🔻

水菜っぽい形の葉が出てきて、感動しました。

🔻こちらは小かぶ🔻

🔻こちらはガーデンレタス🔻

赤い葉っぱもチラホラ混じっています。

🔻こちらはトマトの苗🔻

トマトの香りがぷんぷんします♪

防虫ネットをかぶせておいたので、虫もつかずに育っています。

🔻おまけのスティックセニョール🔻

花蕾(からい)が、500円玉ぐらいの大きさになると、つんだらいいそうです。

すくすく育ってたくさん収穫できるように、子どもといっしょに毎朝水やりしています。

ついに、野菜を収穫しました!

🔻前半の動画はこちらから🔻

1万円で始める!ベランダ菜園。コ〇ナ対策で自給自足【前半】

まとめ

以上、おススメの園芸ショップをご紹介しました。

タネから植えるって、ハードル高そうに思ってましたが、考えがひっくり返りました。

それぐらい、タネから育てる方法もカンタンでした。

苗も元気で、枯れることなくすくすく育っています。

春から夏にかけての収穫が楽しみです。

いーっぱい調べた中からの、選りすぐりです。

調べるのだけで6時間ぐらい費やしました。

お忙しい方は、上のリンクからそのまま飛んで購入されるのをおススメします。

🔻コロナのリスクを避けてお家で稼ぎませんか?🔻

コメント

タイトルとURLをコピーしました