スポンサーリンク

ウソ?銀歯を取ったら首こりが治った?実話レポ:肩こり、慢性疲労、頭痛、うつ病…歯の金属のせいだった

健康

数年前から、肩と首の痛みにやられてました。ズーンと思い感じ、分かります?

調べていく中で、「銀歯がその原因かもしれない」ということにたどりつきました。

銀歯を除去することで、肌荒れや頭痛がなくなったという事例がたくさんあるらしく。

そこで、歯医者で銀歯除去してもらうことにしたんです。

スポンサーリンク

金属除去してどうだったか?

結論から言うと、除去して正解でした!

私の場合は、歯の金属が外れた瞬間、肩に感じていた重厚感が消え、ふわっとした開放感を感じるようになったんです。

取ってもらった銀歯クラウン

気のせいかもしれませんが、何か弱い電気から解放されたような、ふわっとした感じがあったんです。

こちら、見えにくいですが口の中です。元々、金属がはまっていたところ。取ってもらった後ですね。

下の画像は、歯医者さんで、歯の中の金属軸をできるだけ削り取ってもらった過程です。

銀色の軸が見えますよね。つまり私の歯は、こうなってたらしいです。

赤い軸の部分が、銀歯を付けるときに使った金属軸の部品らしく、レントゲンで見ると、長さ15mmも深く刺さってたそうです。

この軸の金属も、肩こりと首こりに影響してるかもしれないので、できるだけ取り除いてもらったわけです。

この金属を削る作業がけっこう技術が要るらしく、歯医者さんは、長いドリルをわざわざ取り寄せ、最善を尽くして下さいました。

最終的に3mmほど残ってしまったようですが、肩こり首こりはなくなったので、本当によかったです。

こちら、奥から2番目の歯が、新しく入れてもらった、半セラミックの歯。周りの歯に、めちゃなじんでます。

銀歯クラウンにして後悔したこと

実は、このクラウン取付けたのは、ビンボーだった5年前ぐらい。

地元の歯医者さんでろくに説明も受けず、お金がないので「保険治療の範囲内で治療して下さい」と頼んだことがそもそもの間違い。それにしても何度も通院したので、診察代が結構かかってたはず。初めからセラミックにしておけばよかったかも。

ただ問題なのは、その歯医者さんで、歯全体が銀歯になると聞いてなかったこと。

時間通りにちゃっちゃと診察を終わらせてくれるのはよかったんですが、強引で威圧的な感じの先生で、今どんな治療をしてるか?など、ちゃんとした説明をしてくれなかったんですよね。

なので、自分の歯がこんなサイボーグみたいな仕上がりになってるのを見て、めちゃくちゃショックを受けました。

後から主人が、「こんな銀歯になるなら、事前に相談してくれたらセラミックにしたのに!」と言ってくれました。

「お金がない」という理由で、こんな風になるなんて…と、後悔先に立たず。

それに見た目だけならまだしも、どうやらこの治療をして、銀歯をはめた時期から、どうしようもない肩こりと首こりに悩まされるように。

当時は、ちょうど服リフォームからWebコンサルへの仕事に移行中のころ。

パソコンの作業が多くなったから、肩首がこってるんだろう、と思ってましたが、よく考えれば、リフォームの作業だって肩首のこる仕事。その時に感じてた「こり」とはまた違うような、ズドーンとした重みに悩まされ始めたんです。

色々、調べていく中で、電磁波が銀歯に影響して、痛みや疲れを感じることがあるというのが分かってきました。

実際、この話を、銀歯を外して下さった別の歯医者さんでしたところ、そういう医学的な証拠はないらしく、あまりピンときておられないようでしたが、親身になって治療はして頂けました。

結果的にそれまでのコリも軽くなり、前ほど肩首の痛みに悩むことはなくなりました。

ちなみに、今回お世話になった歯医者さんでは、半セラミックの素材を使われたらしく、なんと、保険適用で治療が完了しました。なので、16000円ぐらいしか費用はかかってません。

近年、厚生労働省より、歯の治療に関する法律が変わった発表されたらしく、「奥歯の1本手前までの歯なら、半セラミック素材を使ってもいい」という風に変わったそうです。治療を決めたタイミングがラッキーだったようですね。

なので、前に治療して下さった歯医者さんも、予算の範囲内で最善をつくして下さったのは確かです。法律が変わる前だったはずなので。

以下、調べたことを書いておきます。私のように、整体や運動、あらゆることをしても治らない肩こり、首こりに悩まれてる方へ。

もしかしたら、銀歯が原因かもしれませんよ。

早く気づいて、根本治療されますように。

体の不調は、昔の銀歯が原因!? 

健康保険対応の歯の治療で使用する、詰め物や被せ物の金属、いわゆる銀歯の素材は、

  • 水銀アマルガム(水銀50%)
  • パラジウム合金(カドミウム含有)
  • ニッケルなど

と言われており、これらは毒性があります

保険治療の銀歯はキケン!

保険診療の治療で使われるアマルガムという歯科用金属。この成分がキケンなのです。

水銀や銀、スズなどの重金属を含んでおり、神経毒性が強い。

頭痛や肩こりをはじめ、アトピー、不眠、イライラ、めまいなど、様々な症状を引き起こすことがわかっているそうです。

免疫力を低下させ、アレルギーを起こす原因とも言われてます。この有害金属が、歯ぎしりはもちろん、普通に噛んでいるだけでも溶け出し、血流にのって全身をめぐります。

これが金属イオンとなり、体内でタンパク質と結合して異物となる。

血液に入り、体中の細胞に徐々に蓄積されていくそうです。

その量が限界に達して免疫が反応し始めると、

アレルギー症状や脱毛、喘息、毛細血管をつまらせ心臓病、ガン、自己免疫疾患のリュウマチ、橋本病など…

深刻な病気を引き起こす原因になることもあるそうな。

ネットで調べてみると私のように、金属除去のあと頭痛や肩こりが軽くなった方も多いようです。

頭痛外来や整形外科でも治らないという方は、一度、金属除去治療を検討されてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました