スポンサーリンク

ボタンホールをきれいに縫うコツ

ボタンホール 服リフォーム・ハンドメイド

ボタンホールの縫い方の技術を紹介します。

手順1 ミシンの準備
2 試し縫い
3 本縫い
4 穴開け
スポンサーリンク

 ミシンの準備

ボタンホール縫い用の、このような押さえを使います。

ボタンホール

取り付ける前に、ボタンホールの長さを設定するメモリがありますので、合わせましょう。

この押さえを使うときは、ミシンのレバーを下ろします。

ボタンホール

縫うときですが、このレバーに指や布の山が触れないように注意しましょう。

ボタンホール

触れてしまうと、ボタンホールの縫いの順番が狂ってしまって、まだ最後まで縫えていないのに、次の段階の縫いに進んでいってしまいます。

試し縫い

まずは、試し布で練習することをオススメします。

ボタンホール

自動で針が動いて、ボタンホールを作ってくれるんですね。それも結構、高速で縫ってくれます。

コンピュータミシンのなせる技です。どのように縫えたか見てみましょう。

ボタンホール

今回は1.5cmの穴に設定したので、長さを測ってみると…

ピッタリ1.5cmにボタンホールが縫えています。

本縫い

では、本番にいきますね。

ボタンホール

今回は、このブラウスにボタンホールを開けます。

印を付ける

ボタンホールを開ける位置に印をつけましょう。

ボタンホール

ミシンにセットする

穴は手前から後ろに向けて縫われますから、それを踏まえてミシンにセットします。

ボタンホール

セットの仕方を間違えると穴の位置がズレてしましますので注意しましょう。

押さえに赤い印が付いていますので、その印を結んだ点に、始点を合わせます。

ボタンホール

縫う

セットしましたら、あとはフットコントローラーを踏んでいれば穴が自然にできます

縫うときは、生地を軽く支える程度で大丈夫です。

縫い目を見てみましょう。こんな感じです。

ボタンホール

ちゃんと1.5cmになっていますね。

ボタンホール

穴開け

次は、ボタンホール縫いをしたところに穴を開ける工程になります。

手芸雑誌などに紹介されている一般的な方法は、リッパーを使って開ける方法です。

ですが、この方法だと、リッパーの切れ味に左右されてしまいます。

穴開けの工程は一番大事ですので、絶対に失敗したくないですよね。

そこで私は、こういった普通のカッターナイフで切ってます。

ボタンホール

ただし、刃が傷んでいる場合は、折って、新しい状態にしておきましょう。

では、カッターで穴を開けます。

ボタンホール

縫い目を切らないように、慎重にゆっくりと切っていきましょう。

はい、無事に穴が開きました。

ボタンホール

残った糸くずなどは、握り鋏で切って整えていくといいです。

ボタンホール

カッターで切れていないところも、握り鋏を差し込んで仕上げたらいいです。

ボタンホール

この時も、縫い目を絶対に切らないようにしましょう。

このようにキレイに整いました。

ボタンホール

ボタンホール縫いのコツ

さて、ボタンホール縫いのテクニックについてです。

縫うスピードは?

生地にもよりますが、かなりスピーディーにダダダーって縫ってしまいます。

ゆっくり縫っていると、狂いが出てでしまうことが稀にあります。

針が正しい順番に縫えなくなってしまうんです。

ボタンホール縫いのときは、フットコントローラを踏んでさえいれば、正しく針が動いてくれます。

それを信じて、ずっと力強く踏んだままで、最初から最後まで行くことが多いです。

久美子
久美子

勢いに任せて縫ってしまう、という感じの方が、かえってうまくいくんですよ。

慎重にゆっくりやっていると、手や布がレバーに当たったりなどで、針の動きがおかしくなってしまう時があるんです。

なので、今回もかなりスピーディーにコントローラーを踏み込みました。

かなり速く縫ってるんですけど、縫い目がキレイなんですね。

使う針は何番がいいの?

ボタンホール縫いに使う針についてです。

これも生地によりますが、繊細に縫えるように、細めの11番や9番の針を使っています。

細めの針で縫ったほうが、キレイに縫えますね。

失敗例の紹介

逆に、めっちゃゆっくり縫ったらどうなるかやってみますね。

ゆっくり縫ってみました

初心者の方はゆっくりのスピードから練習してみたらいいと思いますけど、ぶっちゃけ辛気臭いですね。

薄くて縫いやすい生地ですと、ゆっくりでもいけるんですよ。

ですが、厚みがあって縫いにくい生地になってくると、ゆっくりでは縫えなくなってくるんです。

さて、ボタンホールはどうなっていますでしょうか?

久美子
久美子

ん?やはり、すでにかなりズレています…。
あとでお見せしますね。

わざとレバーに触れてみました

次は、わざとレバーに指を触れてみます。

ボタンホール

針の動き方が変わってしまいました。

レバーを押されたことで、コンピュータが勘違いして、次の段階に入ってしまったんですね。

失敗した縫い目はどうなってる?

というわけで、縫い目を見てみましょう。

ボタンホール

まず、わざとレバーを押したことで、途中で次の段階に入ってしまっているのがお分かりいただけますでしょうか?

レバーを押されたことで、長い辺を縫う工程から、短い辺を縫う工程に進んでしまったんですね。

そして、こちら。

ボタンホール

こちらのズレは、ゆっくり縫ったことによるズレだと思われます。

スピーディーに縫った場合と比べてみましょう。

ボタンホール

雲泥の差ですよね。

勢いに任せて縫っているのに、こんなにキレイに縫えています。

慣れないうちは、フットコントローラーを踏み込むのが怖いかもしれませんが、グーっと踏み込んで縫ってみて下さい。

仕上がりが違ってくるはずです。

久美子
久美子

どれぐらいスピーディーに縫っているか気になるかたは、

↓こちら↓の動画をご覧下さいね。

あなたも洋裁の技術や知識を活かして、不労収益を得ませんか?

タイトルとURLをコピーしました