スポンサーリンク

Tシャツ丈詰めを家庭用ミシンでするには?縫い代ぴったりに縫うテクニック

Tシャツの丈詰め 服リフォーム・ハンドメイド
スポンサーリンク

家庭用ミシンでTシャツ丈詰めをする方法

Tシャツの丈詰めを家庭用ミシンでしたい!という方にも参考にして頂けます。

おすすめは、カバーステッチミシンを使うことです。

後半で、カバーステッチミシンでの丈詰め方法を載せています。

家庭用ミシン

カバーステッチミシン

カバーステッチミシンでTシャツ丈詰めをする方法

では、Tシャツの丈詰めをカバーステッチミシンでやっていきます。

ポイント1 縫い代をキッチリ折りアイロンすること

2 縫い代幅より2mm手前に布を送ること

3 厚みより手前から縫い始めること

今回は、縫い代3cmです。

カバーステッチミシンの縫い目って見たことありますか?

お見せしますね。

裏側がこういう縫い目になっています。

この縫い目なんですが、よく落ちてしまうんですね。

3cmぴったりになかなか縫えません。

ところが、私はぴったりに縫えるんです。その秘密をお教えしますね。

二ット地の服のすそ丈詰めをキレイに縫うコツ

まずミシンのセットの仕方です。

3cmの「3」というメモリがあります。

この「3」のメモリの2mm内側に、縫い端がくるようにします。

アイロンをかけて、二つ折りにした「わ」の部分を3cmピッタリではなく、2mm内側にセットして、布を送るのがポイントです。

そうすると3cmぴったりの縫い代に縫えて、外側に生地が余らず、裏側まできれいに縫えます。

ただし、T シャツのすそを、ぴったり3cmに折れているというのが、前提になります。

ぴったり3cmにアイロンがけできているから、2mmのゆとりを加えると、

ぴったり3cmに裏側がきれいに縫える状態になります。

カバーステッチミシンできれいに縫う2つのコツ

きれいに縫うための条件は2つです。

1 縫い代が3cmぴったりに折れていること

2 ミシンのメモリを、「3」より2mm内側になるように、生地を送ること

では縫っていきます。

2mm手前になるように、セットして生地を送っていきます。

縫い始めについてです。

布が折り重なって、少し厚みが出ている所からスタートすると、縫えていないことが結構多いので、

厚みより少し手前から縫い始めると、最後きれいに縫えます。

1周ぐるりと回ってどこまで縫うかですが、ちょうど厚みの部分で終わってもいいですし、

2cmほど越えたところで終わってもきれいに仕上げることができます。

今回は、2cmほど越えたところでストップします。

最後まで、3cmの2mm手前に布を送ることは続けてください。

縫い始めを見て、縫い目を重ねようとすると失敗します。

ですので、最後まで3cmから2mm手前というのを意識してください。

縫い終わった後の処理方法

縫い終わったあとについてです。

まず、押さえ金を上げます。

カバーステッチミシンの場合は、糸をこのように前に出します。

生地の方は、はずみ車を回しながら、後ろに後ろに引っ張ります。

そうすると、力を入れずにスーッと引くことができます。

糸を切りまして、裏側を見てみます。

このように、ピッタリと裏側も3cmに縫えています。

下手な人は、縫い代が縫い目から飛び出したり、カバーステッチの縫い目に届かなかったりします。

ですが、先程の私の方法でやっていただければ、3cmぴったりに縫うことができます。

あと表側に出ている糸ですが、切ってもらっても問題はありません。

丁寧にするのでしたら、まず、裏側に糸を引き出します。

3本引き出せればOKですよ。

で、3本一緒に結んで、生地を切らないように、にぎりばさみでカットすれば OKです。

表側の縫い目も見てみましょう。

糸を重ねた所、きれいに重なってますよね。

これを縫い目を重ねよう重ねようとしてミシンを進めるとうまくいかないです。

3cmの2mm手前を見て、ずっとそこだけを見て重ねると、キレイに重なってくれます。

練習あるのみなので、興味のある人はやってみてください。

⇒Tシャツの丈詰めキレイに縫うマル秘テクニック

あなたも洋裁の技術や知識を活かして、不労収益を得ませんか?

タイトルとURLをコピーしました