スポンサーリンク

目の下のクマが消える!一重40代アイメイクに欠かせない下準備とは?【アイベースクリーム編】

メイク

二重メイクは、たいていどんなアイシャドウでも、ちゃちゃっと塗ればそれなりに可愛く見える。でも、一重メイクはそうはいかないのよね。

長年、一重メイクで悩んできたからこそ言える、ディープなメイクレッスンの始まり始まり~。

久美子
久美子

名付けて、激変メイクよ!

スポンサーリンク

どんなアイメイクになるの?:一重アイメイク

ちなみに、このレッスンで紹介するアイメイクの最終形は、こんな感じのブラウンメイクです。

最終的につけまつげを付けるか、まつげエクステで、まつげのパッチリ感を強調するメイク。どちらかと言えば、濃いメイク。

でも、一度もこんな感じのアイメイクをやったことがない人には、憧れのメイク法かも!

ちなみに私は、かつてこのメイクと金髪でその辺を歩いていました。コスプレみたいで楽しかったし、ある意味、人生激変しました。なので激変メイクです。

激変メイク開発のきっかけは、プロフィールに詳しいです。

この記事では、こういう濃いメイクのやり方を詳しく解説していきます。

今も思いっきり一重ですし、アイプチも使っていませんが、このメイク法なら、まぶた厚めの方でも、ちゃんと二重っぽく見えるので安心して下さい。

つけまつげを付けるのが苦手な人が多いですが、このシリーズでは、つけまつげの上手な付け方についても解説していくので、自分で付けられるようになります。ご安心下さい。どうしても、つけまつげが嫌な方はマスカラでもOKです。

では、アイメイクのレッスンに入っていきましょう。その前に、ベースメイクは済ませておいてね。

海外では、アイメイクをしてから、アイシャドウの粉飛びを取り、ベースメイクをするという方法もありますが、そこはお好みで。

アイメイクの手順:一重アイメイク

ベースメイクが終わったら、「さあ、次はアイシャドウだ!」…って、ちょっと待って。

何ごとも下準備が必要なんです。急いでる朝はすっ飛ばしてOKですが、時間にゆとりがあるなら、次の手順でやってみませんか?

一重アイメイク手順
  1. アイシャドウ・ベースクリームを塗る
  2. 凹みカラーを塗る
  3. アイシャドウを塗る

そう、1と2をすっ飛ばしてしまう人が多いんです。

でも、理想の一重メイクには、1と2の工程が必須。

アイシャドウベースクリームを塗る:一重アイメイクの下準備

アイシャドウ・ベースクリームでは、こちらが1番手ごろで使いやすいです。SNSでの評価もすこぶる高い。

↑これを塗っておくことで、こんな効果が!

  • 次に塗るアイシャドウの発色がグンとよくなる
  • アイシャドウの粉、ラメが落ちにくくなる
  • 朝メイクしたままの目元が夕方まで持続する
  • 目の周りがパッと明るくなる
  • 目の周りのどんよりしたくすみが消える

実際の画像をご覧下さい。たったひと手間で、こんなに変わるんです。

逆に塗らないと、こんなハメに…。

  • どよんとくすんだ色の目元に…
  • 目の下にラメが飛びまくって雑なメイクに見えてしまう

つまり、ひと塗りすればその後のアイシャドウが映えるのに、たったひと手間省いてしまったために、発色や色持ち具合がガクッと落ちてしまうんです。これ、たとえ高級ブランド品のアイシャドウでも同じ。

たったひと手間かけるだけで、ケタ違いのかわいさゲットできるんです!

アイベースクリームの必要性、分かって頂けたら、アイシャドウベースを、上下まぶた全体に塗っておきましょう。

指でトントン乗せるようになじませておきましょう。

凹みカラーを塗る:一重アイメイク

さっそくアイシャドウを塗っていきたいところですが、まずは目元の立体感を出すために、まぶたのくぼみを強調していきます。その方法とは…?

まぶた周辺を立体的に見せるため、凹みカラーを塗ることです。

眉と上まぶたの間に筆を入れ込み、車のワイパーのように往復させて塗ります。

塗ると、こんな感じになります。

たったこれだけで、まぶたの上のくぼみが強調されて、目元の立体感が増します。

特に、腫れぼったいまぶたでお悩みの方は、この工程は必須。

凹みカラーを塗ることにより、腫れぼったさが逆に魅力になり、より立体的な目元になれます。

凹みカラーを塗る箇所は、ちょうど眼球の入ってる骨のくぼみあたり。指を入れて、くぼんでるところを探してみましょう。

この青いところに、くぼみの影をうっすら入れるんです。

●くぼみに塗る色は?
黄土色に近い、濃いめのベージュがおすすめです。顔のシェーディングに使う影の色がいいです。無い場合は、先ほど引き締めカラーを塗った筆に残っている色をくぼみに塗っても、近い感じになると思います。

例えば、こちらのような赤味のないベージュ。まさに、自然なに見える仕上がり。画像を押すと、商品ページへ飛びますよ。

普通の濃いファンででも応用可能なんじゃ?と思うかもしれませんが、密着度が違うんです。

シェーディング専用に作られているので、自然な影に見えるよう密着度がいいんですよ。

もし、近くのドラッグストアなどで手軽に買うなら、KATEのシェーディングの右側の濃いめの色がおススメ。

まぶたのくぼみがコンプレックスになってる方は、塗る必要ありませんよ。

ですが、のっぺりした日本人顔、平面的な顔にコンプレックスをお持ちの方は、このくぼみに少し影を入れてあげることで、いつもよりも立体感が増します。

凹みカラーを塗るときは、普通の平らなアイシャドウブラシではなく、こういう円い筆が塗りやすいですよ。

中ぐらいの太さの丸筆がいいですね。ブレンダーブラシとも言います。

なかなか店頭では売ってない形で見分けが付きにくいので、下の画像をタップして、ネット購入がおススメです。

このような丸筆が、まぶたのくぼみにフィットするんです。

 

Amazonにも色んなブラシがあります。色んな毛の太さがそろったアイシャドウブラシなら、こちらがおすすめです。

なんと言ってもリーズナブルですし、気に入った太さが見つかるはず。

先ほどご紹介した、アイホール用ブラシには、右から2番目の丸筆がいいですよ。

カットクリース:一重アイメイク

次はいよいよアイシャドウかと思いきや、コンシーラーを塗っていきます。

「え?コンシーラー?何のために…?」と思ったあなた。これは、一般的な日本のメイクでないことをお忘れなく。私が海外メイクを研究して編み出した激変メイクなのです。

そもそもカットクリースとは?:コンシーラーを塗る

クリースとは、Creaseと表記し、「折り目」という意味。つまり、「まぶたに折り目を付ける」という意味合いなのね。ちょうどこんな風に。

久美子
久美子

これをしておくことで、一重なのにまるで二重に見えちゃうの!21世紀の大発見。

凹みカラーとコンシーラーの境界線が「折り目」のように見えるのが分かるかしら?

先ほどの凹みカラーの工程で、まぶたに濃いめのベージュ「影の色」を塗ってるはずよね。

その幅の真ん中あたりをカットするように、コンシーラーを筆で塗ると、上のようになるの。

図で表すとこうなる。

うすいピンクの部分が、凹みカラーよ。赤く囲んだ部分が、コンシーラーを塗る範囲。うすいピンクの部分の真ん中あたりを通ってるでしょ。

コンシーラーは、こういう目の周り専用タイプがいいわ。なければ、普通のものでもOK。

コンシーラーの先にブラシを付けて適量取るの。リップを塗るときと同じね。

ブラシは、こういう形の平筆がいいわ。パキッとしたクリースが入れられるわよ。

この工程のあと、いよいよアイシャドウを塗っていくの。

よくある質問
「カットクリースのコンシーラーは、まぶたのキワまで塗る必要がありますか?」という質問だけど、凹みカラーの真ん中を横断して、パキッとした「境界線」が付けられたら、まぶたのキワまで塗らなくてもOKです。すでに、アイシャドウベースクリームを塗ってるはずだから。

もし、塗り忘れてた場合は、コンシーラーをアイシャドウベースクリームの代わりとして、まぶたのキワまで塗るといいわ。その後のアイシャドウの密着度が増します。

時間がない場合も、アイシャドウベースの工程を飛ばして、コンシーラーで代用するのもアリ。

ここまでの下準備をしておくことで、こんなメリットが。

  • 一重でも二重に見える
  • 目元の彫が深く見える
  • アイシャドウの密着度が増す

アイシャドウの塗り方については、次の記事でご紹介していますよ。

まとめ:一重アイメイク

まだ全体像が見えないので、この工程、必要なのかな?と思われてるかもしれません。

でも、まぶたのくぼみを作ることで、その後に塗るアイシャドウの立体感が増すので、一度やってみて下さいね。

濃いブラウンメイクが苦手な方は、こちらをチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました