スポンサーリンク

ぱっちり目になる!一重40代のためのブラウンアイメイク:アイシャドウ編

メイク

さぁ、いよいよ、お楽しみのアイシャドウ!この工程が好きな方、多いですよね。ただ、いきなり塗るのはNGですよ。

下準備はお済みですか?

アイシャドウを塗る前に、二重っぽく見せるための下準備をしておきましょうね。

スポンサーリンク

アイシャドウの選び方:一重アイメイク

色の陰影でまぶたの立体感を作っていくので、濃淡がハッキリした3色以上のパレットを使いましょう。

基本のベージュ~ブラウンへのグラデーション系が使いやすいわよ。

グリーン、パープル系にも憧れますが、まずは基本をマスターするため、ここでは、ベージュ~ブラウン系のパレットをゲットしましょう。

例えば、次のようなパレットが使いやすくておすすめ。

おすすめアイシャドウ:一重の40代オレンジメイク

人気のコスメ、オレンジビアンコ

↑画像を押すと、商品ページに飛びます。2つのパレットのうち、「オレンジビアンコ」を選べばOK。

普通のアイシャドウでは物足りない方は、こんな色々入ったパレットがGOOD。

細かいパール入りのシャドウも入ってるのでハイライト部分に使えるし、お得感があります。(ハイライトについては後ほど解説します。)

使いやすいベージュとブラウンベースのオレンジ系パレットなので、始めてオレンジメイクする方にもぴったり。

こちらもおすすめ。流行すたりなく、半永久的に使えるブラウン系パレット。CLIO ブラウンシュー。

↑こちらのCLIOパレットには、極細筆が付属しており、後ほど出てくる「下まぶたを塗る工程」で、めちゃ重宝します。

「色数が少ない方が迷わない」という方は、こちらの使いやすいシンプル4色パレットはいかが?

左下のオレンジをメインカラーとして使うの。右下のブラウンは、引き締めカラーにどうぞ。

前回の記事でご紹介した、コンシーラーを塗った範囲内に、アイシャドウを塗っていきます。(下図)

コンシーラーを塗っていることで密着度が増し、アイシャドウの粉飛び防止につながるんです!

おすすめアイシャドウ用ブラシ:一重アイシャドウの塗り方

最近は100均でも、遜色なく使えるブラシがたくさんありますよね。

プチプラも良し悪しで、安すぎるものだと、ブラシのお手入れで洗ったときに水分が浸み込み、持つところが劣化してしまったり、毛並みが悪くなったりすることも。

こういう本格的なブラシだと、長く使えるからコスパはいいですよ。

では、いよいよアイシャドウを塗っていきます。

アイシャドウの塗り方:一重アイメイク

塗り方の順番
  1. メインカラー
  2. ミディアムカラー
  3. ハイライトカラー

この順番で塗っていきますよ。

目尻にメインカラーを塗る:一重アイメイク

まず、メインカラーから。

目尻を囲むように、三角状に塗ります。

実際に塗っているところ。

こんな感じになります。

まぶた中央にミディアムカラーを塗る:一重アイメイク

次は、アイシャドウパレットの中から、中間色(ミディアムカラー)を選び、まぶたの真ん中あたりに塗ります。

先ほど塗ったメインカラーの端に少し重ね、グラデーションになるように。

このパレットで言えば、こちらの色を言います。

1番明るい色と暗い色の「中間色」がミディアムカラー。色々、試してみてね。

ミディアムカラーにパール感のあるものを選ぶと、まぶたの立体感が増しますよ。

実際に塗るときは、筆をこのように左右にスライドさせながら塗ると、キレイに発色します。

こんな感じになります。

目頭にハイライトカラーを塗る:一重アイメイク

次は、アイシャドウパレットの中から、最も明るい色(ハイライトカラー)を選び、目頭側に同じく三角状に塗ります。

 

このパレットで言えば、こちらの色を言います。

1番明るい色が「ハイライトカラー」。

ハイライトカラーにも、パール、ラメ感のあるものを選ぶとキレイです。

実際に塗ってるところ。

メイン、ミディアム、ハイライトカラーの3つのパートのアイシャドウが重なり、きれいなグラデーションになるように塗るのがコツ。

すると、こんな感じになります。

ここまで、カンタンですよね?

おさらいすると、縦に分けた3パートをそれぞれの色で塗り、境目を重ねてグラデーションになるように塗るだけです。

メインカラー(暗) ミディアムカラー(中間) ハイライトカラー(明)

ここまでできれば、アイシャドウはほぼカンペキ。後は、下まぶたに塗る工程ですが、飛ばしてもいいぐらいですので。

下まぶたキワに引き締めカラーを塗る:一重アイメイク

目尻側から目頭側へ向けて、サッとひと掃けする感じで、できるだけ細く塗ります。

すると、こんな感じになります。

下まぶたといえば涙袋メイクが人気ですよね。でも、まぶたの下がたるみがちな40代以降の人がやると、余計老けて見えるのでやらなくていいかと。

流行に乗っかる!ワンポイントテクニック:一重アイメイク

さらにまぶた中央キワに、大きめグリッターをちょこんと乗せると、今っぽい感じに。

下まぶたキワに塗る「アイシャドウ④」に細く重ねてもかわいい。

ザクザク大粒パレットは、宝石箱のジュエリーを散らしたような、今までにない輝きを放つグリッター「rom&nd(ロムアンド)」がおススメ!

一重のアイラインの引き方のコツは?:一重アイメイク

色選びや太さなど、一重のアイラインの引き方にはコツがあります。

まとめ:一重アイメイク・アイシャドウの塗り方

アイシャドウの塗り方は分かりましたか?

なじみがない塗り方かもしれませんが、一度この手順で塗ってみて下さいね。

濃いメイクが苦手な方は、こちらをチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました