スポンサーリンク

怖いを英語で言うと?scare・terrifiedを使った言い方|カンタン英会話

英語

10月と言えば、ハロウィンですね。

ハロウィンにちなんだ会話練習をご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンにちなんだ言葉を使って英会話しよう

今回、取り上げるのは、「怖い」「恐ろしい」という意味の言葉、

  • scare
  • terrify
  • fear

です。この、scare・terrify・fearを使った例文をご紹介します。

ここではあえて、動詞、形容詞などの区別はしません。文ごと覚えてしまい、会話の中で使っていきましょう。

感情表現は日常会話でもよく使いますので、しっかりマスターしましょう。

scareを使った会話例

怖いですね。

That’s scary.

あれは怖い話でした。

That’s was a scary story.

怖がらせないで。(驚かせないでよ。)

Don’t scare me.

You scared me.

昆虫が怖い。

I’m scared of insects. 

私の犬は地震を怖がります。

My dogs are scared of earthquake.

めちゃくちゃ怖い、恐ろしいという時は、terrifyを使いますよ。

terrifyを使った会話例

ものすごく怖い。

That was a terrified.

クモがめちゃくちゃ恐ろしいです。

I’m terrified of spiders.

fearを使った会話例

「恐怖は一瞬、後悔は一生」

Fear is temporally, regret is forever.

こんなことわざがサラッと言えたら、かっこいいですね。

「恐怖は論理の敵」

Fear is the enemy of logic.

「恐怖心は、思考をを止めてしまう」という意味で、アメリカのジャズ歌手、フランク・シナトラの名言だそうです。

まとめ:scare・terrifiedを使った会話例

いかがでしたか?ハロウィンのにちなんで、scare・terrifiedを使った会話例をご紹介しました。

どの文も中学英語レベルで簡単なのですが、私にすればパッと出てこない例文でした。でも、1度練習すれば、次から言えそうなぐらい簡単ですよね。

身近な会話で使えそう。ぜひモノにして、日常会話で使ってみましょう!

楽しく英会話学習を続ける秘訣はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました