スポンサーリンク

チヌのおいしい食べかた10選!黒鯛ってどんな魚?まずい?臭い?

料理

業務スーパーで、めっちゃデカくて黒い魚を発見!

「チヌ」って書いてありました。得たいが知れない魚。オモシロそうなので、買ってみました!

スポンサーリンク

チヌはどんな魚?

クロダイはスズキ目タイ科の魚です。全長は最大で70cm前後、釣り上げられる平均全長は、30~40cmです。

黒鯛

さて、どんな食べ方をしようかなあ~と思って、チヌについて調べました。

チヌは臭いの?

においをかいでみましたが、臭みの強い魚ではないようです。

チヌの美味しい食べ方・やっぱ生でしょ!

今回は、生で食べることにしました!

業務スーパーでさばいてもらった

魚コーナーの店員さんに言ったら、15分ぐらいでさばいてくれました。

さすがプロの技!めっちゃキレイにさばいて頂きました。

 

腹、背中の部分で、脂の乗り具合が違うので、味が違います。

パパ
パパ

部位ごとに切り分けてみたよ

1つの味で頂くのがもったいないので、3種類のソースで頂くことに。

チヌのお味は…まずいの?

実際、食べてみてどうだったか?レポートしてゆきます。

チヌ(黒鯛)のお刺身

チヌは臭みもなく、鮮度が良いものは、刺身で美味しく食べることができます。

まずは、フレンチドレッシング和えのキャベツを盛って…と。

あにくん
あにくん

わぁー!お魚大好き!頂きまーす。

ソースは、左からしょうゆ、ポン酢、レモンドレッシングです。

まず、しょうゆから…。パクッ!お味は…

久美子
久美子

ヤバッ。うめぇ~!!

最高でっす。淡白なお味。ポン酢も、レモンドレッシングもピッタリ。コリコリの弾力。何にでも合いますね。

パパ
パパ

おすすめレシピを考えてみました。

チヌ(黒鯛)のお勧めレシピ

さらにひと手間加えれば、色々なお味が楽しめますよ。

和食のイメージが強い鯛ですが、淡白なお味は、洋風レシピにもベストマッチ。

例えば、湯引きや塩焼き、煮つけ、ムニエルなど。煮ても焼いても、おいしいクロダイのレシピをご紹介しますね。

チヌ(黒鯛)のチーズグラタン

チヌのチーズグラタン

りいちゃん
りいちゃん

私のおススメよ。

トッピングに、軽く焼いたチヌを乗せて、チーズをかけ、オーブンまたはトースターへ。

チヌのチーズグラタン

新鮮なシーフードグラタンをお楽しみ下さい。

チヌのチーズグラタン

お口の中で、チヌの風味が、ジュワッと一気に広がります。本当においしいレシピです! 

チヌ(黒鯛)のチーズグラタン:作り方

使ったのはこちら。ハウス食品の「マカロニグラタン」

裏面に書いてあるように作ります。今回は、チヌが鶏肉の代わりです。

玉ねぎだけでなく、キャベツも入れました。

チヌのチーズグラタン

めちゃくちゃ簡単です。ぜひ、利用してみてね。

チヌ(黒鯛)のクリームパスタ

トッピングに、軽く焼いたチヌを乗せて。きのこを入れると相性よしです。

チヌ(黒鯛)のカルパッチョ

先にご紹介したお刺身を少し、アレンジしましょう。

野菜や香草をあしらって、オイルとレモンをぎゅっと絞れば、おいしい洋風レシピに変身です!

チヌ(黒鯛)の鯛めし

炊き込みご飯の材料を入れた釜の上に、軽く両面を焼いた鯛を乗せて炊くだけ。カンタンです。

チヌ(黒鯛)のお茶漬け

残ったお刺身などをごはんに乗せて、お茶漬けに。三つ葉や大場をあしらって。

チヌ(黒鯛)の塩焼き

軽く塩をまぶして、2~3分放置後、水分をふき取ります。グリルまたはフライパンで焼きましょう。

チヌ(黒鯛)のちり蒸し

蒸し器に入れて、5~10分蒸しましょう。付け合わせに、マイタケや豆腐を合わせて。ゆずやすだちを絞ってもグッドです。

チヌ(黒鯛)のアラもおいしく頂こう

業務スーパーの店員さん。親切に、アラもくれました。

チヌ 黒鯛 クロダイ

初めてアラを調理する人は、どうやって食べればいいの?と困るかもしれませんね。

では、こんなカンタン料理はいかがでしょうか?

チヌ(黒鯛)の漁師汁

いつもの味噌汁にアラをまるごと突っ込んでしまいましょう!

いいダシが取れるので、味噌は少な目でもいいかも。調節しながら入れて下さいね。

チヌ(黒鯛)のアラ煮

チヌのお頭煮つけ

大根といっしょに甘辛く炊いてみてはいかがでしょうか?良いダシが出るので、すごくおいしいですよ。

チヌ(黒鯛)の寄生虫に気を付けよう

おいしく頂けるチヌですが、たまに寄生虫がいるので気を付けて下さい!

でも、火を通していれば、食べても問題ないと思いますので、安心して下さいね。

チヌは呼び名が変わる出世魚

名前が変わる魚って、多いですよね。例えば、ハマチみたいに。出世魚とかありますね。

大きさで名前が変わるチヌ(黒鯛)

例にもれず、クロダイも出世魚。

関東では「チンチン → カイズ → クロダイ」

関西では「ババタレ → チヌ → オオスケ」

と、大きさで名前が変わっていきます。

釣り人の間では、50センチ以上のクロダイを「歳なし」と呼び、釣り人の目標とされているそうですよ。

チヌ(黒鯛)の釣り方

クロダイは、釣り甲斐のある魚で、釣り人の間では人気の魚です。その理由として、クロダイは警戒心が強く、釣ることがとても難しい魚だからです。

つまり、引きが強くゲーム性が高いってことで、最高のターゲットだとか。

釣っても楽しく、食べてもおいしい。これが、チヌの人気のヒミツなんですね。

まとめ

「チヌって、なんだろう?ブラックバスみたいな、得体の知れない魚かな…?」と思ってたら、黒鯛だったんですね。

手ごろな価格で手に入り、めっちゃ得した気分。

息子が魚好きなので、さらに魚に詳しくなって、色んなメニューを楽しみたいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました