スポンサーリンク

マスカラを使った一重メイクのコツ:40代一重のナチュラルアイメイクしてみた!

メイク

前回、GUのマスカラをゲットした記事をご紹介しました。

この記事では、マスカラを使った一重メイクのコツをご紹介します。

このマスカラを実際に使ってメイクしたので、その感想もご紹介します。

久美子
久美子

結論からいうと…めちゃ良いよ!GUのマスカラ。

スポンサーリンク

淡いアイシャドウがおススメ:マスカラを使った一重のアイメイク

まず、一重メイクのマスカラに映えるのは、淡いカラーのアイシャドウ。

一重のまつげは、まぶたに埋もれがちですよね。

濃いアイシャドウを塗ってしまうと、同化して、せっかくの「まつげ」が見えにくくなってしまうからです。

今回使うアイシャドウは、いつものお気に入りのアイテム。淡めの色が多く、めっちゃ気に入ってます。

しかもこちら、送料込みで約600円!

激安にも関わらず、めちゃくちゃ良い仕事をしてくれてる、Amazonで買った中国コスメです。詳しくはこちらの記事をチェック!

仕上がりは、こんな感じです。

ベージュ~ブラウンのグラデーションで陰影を作ったナチュラルメイク。

使った色は、①~③で、淡い色ばかり。

アイシャドウの塗り方は、いつもの基本の塗り方とほぼ同じです。今回は下のように図示してみますね。

基本の塗り方:40代の一重アイメイク・アイシャドウ

③のベージュで凹みカラーを塗ります。

目尻側を①のベージュで塗ります。(白の点々で囲った部分)

重ねるようにして、②の少し淡めのピンクベージュを塗ります。(ピンクで囲った部分)

目頭側に、ハイライトカラーを塗ります。(黄の点々で囲った部分)

目頭側には、人気の韓国コスメクリオのメイク用パレット、CLIO ブラウンシュー。の左上のホワイトを塗りました。

商品は、こちらから見てみて下さい。

これ、「捨て色なし!」と絶賛されてるゆえんに納得してます。

上目尻キワに濃いブラウンを塗ると、さらに立体感が生まれます。

先ほど使ったベージュで目尻側の下を塗ります。

好みのパールを黒目の上下あたりにポンポンと重ねます。(青い点々)ここが楽しいよね~。

大き目のホログラムを指先にごく少量取って、ポンポンと重ねます。(黄の点々の部分)

ザクザク大粒パレットは、宝石箱のジュエリーを散らしたような、今までにない輝きを放つグリッター「rom&nd(ロムアンド)」がおススメ!

以上、すべて表示すると、こんな感じです。

アイシャドウのもっと詳しい塗り方は、こちらの記事をご覧ください。

アイラインを引く:マスカラあり・40代一重メイクアイシャドウ

次に、アイラインを引きます。まず、目尻に7mm引いて、

一重アイライン引き方

目尻側からまぶたキワ中央へ向けてフェードアウトです。

一重アイライン引き方

詳しくは、こちらのアイラインの引き方についてをご覧ください。

仕上げに、GUのマスカラを塗ります。

マスカラをキレイに塗るコツ:40代一重メイクアイシャドウ

マスカラを塗るコツは、塗る前に、まつげをしっかり立ち上げておくこと。

私は、100均でライターを買ってきました。

ダイソーで2個入り100円でした。

ビューラーの金属部分を2.5秒、火であぶってからカールすると、すごくしっかり立ち上がりますよ!

ライターを使うか使わないかで、全然仕上がりが違うので、今度試してみて下さい。

ただし、ライターであぶり過ぎて火傷しないように注意してね!

詳しいやり方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました