スポンサーリンク

かんたん超絶うまい!パプリカの肉詰め:クリスマスにおすすめ料理

食事

クリスマスには、カラフルな料理がお似合い。

おいしそうなパプリカをゲットしたら、超絶ウマい!パプリカの肉詰めを作りましょう。

パプリカ4つ

久美子
久美子

ついでに、「トマトパスタ」も作っちゃうよ~!

今回は、4人家族を想定して4人分作っていきます。

このパプリカの肉詰めのレシピには、糖質がほとんど含まれないので、糖質制限食にもピッタリのレシピです。

作り方3ステップ
  1. 肉ダネを作る
  2. パプリカの肉詰めを煮込む
  3. トマトパスタを作る

作り方も、ザックリ3ステップなので超かんたん!

スポンサーリンク

材料:パプリカの肉詰め(4人分)

では、材料を準備しましょう。それぞれ、小皿に分けておくと、区別が付いて調理しやすいよ。

パプリカの肉詰め

材料 分量 準備
にんにく 1かけ みじん切りにしておく
合いびきミンチ 400g 大ボールへ入れて室温に戻しておく
玉ねぎ 1個 みじん切りにしておく
1個 ほぐしておく
豆腐 1/2丁 にぎりつぶして、ぐちゃぐちゃにしておこう
塩・こしょう 少々  
パプリカ 4個 ヘタを丸くくり抜き、種を取り出そう
小麦粉 少々 パプリカの中の面に粉をなじませる
きのこ類(しめじ) 1株 サッと洗って小分けにしておく
オリーブ油 大1 玉ねぎを炒める時に使う

にんにくのみじん切りの仕方

下のように、床と並行に切り、90度向きを変えて、さらに切り込みを入れる。

その状態で、細かく切っていくと、みじん切りできるよ。玉ねぎも同じ要領で切るよ。

パプリカのヘタのくりぬき方

パプリカは、このようにナイフの先1cmを差し込み、少しずつ回しながら切る。

子どもにもできるよ。

パプリカのお尻をトントン軽くたたいて、くり抜いた穴からタネを取り出そう。

くりぬいたヘタはキープしておいてくれ。飾りに使うぞー。

トマトパスタ

材料 分量 準備

トマト缶

2つ ホール缶の場合は、トマトをつぶしておく
トマトジュース

500ml~1L

 
にんにく 1かけ 包丁でつぶし、みじん切りにしておく
パスタ 4人分 パプリカの肉詰めを煮込み始めてから下ゆでしよう
ブロッコリー 1株

小分けにして、塩ゆでしておく

美味しいゆで方を参照してね

塩・こしょう 少々  
チーズ お好みで  

以上、準備はできたかい?

作り方:パプリカの肉詰め

パプリカの肉詰め

まず、中に詰める肉ダネを作っていこう。オリーブ油を入れる。

玉ねぎをしんなりするまで炒め、ボールに取り出す。

にんにく、豆腐、卵、塩こしょうを混ぜる。

久美子
久美子

小麦粉をはたいてまぶしたパプリカの中に、肉を詰めていくぞー。

粉を入れて パプリカを振って粉を内面に付ける

口のギリギリまで、肉をぎゅうぎゅうに詰め込んでくれ。

煮込んだら肉が縮むので、少々はみ出てもOKだ。

鍋にパプリカをきれいに並べる。

トマト缶と、トマトジュースを鍋にブチまけ、しめじを入れ、塩こしょうする。

肉詰めに火が通るよう、フタをして中火でコトコト約20分間、煮込んでね。

10分ぐらいたったら、途中でパプリカをひっくり返して、火が全体に通るようにしよう。

火を止めたら、下ゆでしたブロッコリーとヘタを入れて、軽く火を通しておく。

ヘタは盛り付ける時に使ってね。

トマトパスタ

パスタを下ゆでしておこう。袋に書いてある表示より1分短めにゆで上げて。

パプリカを取り出したら、ゆで上がったパスタを入れて、サッとなじませる。

下ゆでしたブロッコリーも入れ、軽く火を通す。

塩こしょうで味を調える。

お皿にトマトパスタを盛り付けて、お好みで、パスタにチーズをぶっかけよう。

お皿にパスタを盛り付けてね。

色鮮やかに美味しく作るコツ:ブロッコリーのゆで方

ブロッコリーには、もともと、水をはじく胞子が付いている。

それをキレイに洗い流してやることで、おいしく色よくゆで上がります。

ブロッコリーの正しい洗い方

下向きにして、水の中で振り洗いする。

こうすることで、水の中に、うっすら白いモヤのような汚れが出てくる。

ブロッコリーを房に分け、切る。

振り洗いする。

塩ゆでする。

冷水に取って、色留めする。

ざるに上げ、水気を切る。

ブロッコリーは、このようにしてゆでると、色鮮やかに美味しくゆでられます。

おまけの肉団子:パプリカの肉詰め

不覚にも、肉ダネが余ってしまったら、肉団子にして、

鍋の空きスペースで同時にゆでてしまおう。

または、肉だんごにしておき、後日、ホワイトソースや、甘酢だれで味を変えて、別メニューとして使えばOK。今回は、中にピザチーズを入れました。

感想:パプリカの肉詰め

パプリカにかぶりつく時は、すっごく幸せな気分になります。

見た目が華やかなので、パーティーメニューの一品に最適!

中からジューシーな肉汁がしみ出てくるので、服を汚さないよう注意してね。

パプリカの中の肉には、トマトソースがしみ込んでなかったので、肉ダネにもうちょっとしっかり塩こしょうしとけばよかったかな。

切り取ったヘタとブロッコリーは、いっしょにゆでずに、最後に乗せるだけにした方が、彩がよかったな。

あと、肉だんごを焼いた時に出た油は、取り除いておいた方があっさり食べられそう。

作りたてよりも、数時間置いて、肉のうまみが溶け出した時の方がおいしく感じたよ。

なにはともあれ、楽しく作れたし、美味しかったので大成功です。

まとめ:パプリカの肉詰め

いかがでしょうか?作ってみたくなりましたか?

パプリカのヘタをくり抜くところだけ、少し難しいかもしれません。あせらず、ゆっくりナイフを動かしてみて下さい。

ぜひ、お試しあれ!美味しく作れたらコメントしてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました