スポンサーリンク

手縫いでTシャツ作り!生地1mでOK半袖Tシャツの作り方・すそフリルの付け方

手縫いでTシャツを作る方法 服リフォーム・ハンドメイド

半袖Tシャツって、何cm生地があれば作れるんでしょうか?

久美子
久美子

結論。1mあればTシャツは作れます。

スポンサーリンク

生地は何センチ買えばいいの?

初めて服作りをする方は、生地を何cm買えばいいか?分からないかもしれませんね。実は、1mどころか、65cmしか余ってなかったのに、私と娘、2着分も作れたので、その方法をご紹介します。

半袖Tシャツを作るには、生地の長さは65cmぐらいでOK

半袖Tシャツ1着作るのに、100cm×65cあれば、ギリギリ足りると思います。ただし、生地幅と、袖の長さによって、必要な長さが変わってきます。

ですので、余裕を見て、1m購入しておくといいですね。

前回、手縫いでTシャツを作った後の余り布で、Tシャツを作ってみました。

身頃を切り取る:手縫いでTシャツを作る方法

ニット地の伸びる方向を左右に置き、生地の「わ」が両端にくるように、観音開き状態に折りたたみます。

「わ」とは、生地を折りたたんだ山の部分を表します。

その上に、手持ちのTシャツを置きます。

置いたTシャツの輪郭線よりも、12cm外側に線を引きます。

この1~2cmが縫い代になります。

襟ぐりを切る:手縫いでTシャツを作る方法

手持ちのTシャツの襟ぐりのカーブを目に焼き付けます。そのカーブをイメージしながら、cmの縫い代を取り、カーブ線を書きます。

手縫いTシャツを作る

今は、袖のことは考えなくていいです。身頃だけ切り取ります。

身頃を切り取ったところ:手縫いでTシャツを作る方法

身頃を切り取ったところです。

必ず、縫い代を付けて切り取って下さいね。

身頃の丈は何cmにすればいい?

ふつうのTシャツの着丈はだいたい60cmなので、縫い代込みで、65cmのところに線を引きます。生地が余ってる場合は、余裕を見て着丈70cmぐらいに切り取っておいてもOKです。

肩線を縫い合わせる:手縫いでTシャツを作る方法

肩線を合わせ、前後身頃を縫い合わせます。

縫い代は1cmぐらいで、半返し縫いで縫います。

半返し縫いなら、ニット地の伸縮にも対応できます。

袖を身頃に縫いつける:手縫いでTシャツを作る方法

袖を付けなくても、着てみるとフレンチスリーブのようになり、無くてもいいぐらい。ですので、余り布で、ちょうど袖が2枚分、取れれば付けます。

余り布が無ければ、付けなくても良いぐらいです。

袖を半分に折りたたみ、肩中心(肩山)に切り込みを入れ、印にします。

ノッチと呼びますね。

このように、袖を身頃に置きます。袖山に入れていた切り込みの印(ノッチ)を、前後身頃の境目に合わせます。

端から1cmのところを半返し縫いします。袖が身頃に縫い付けられました。

袖を表にしましょう。

このような形になりますよね。

次は中表にして前後身頃を重ねて整え、Tシャツの形になるよう半分にたたみます。

脇を縫い、服の形にする:手縫いでTシャツを作る方法

脇をぴったり合わせピンを打ち、脇を縫い合わせます。半返し縫いで縫い合わせます。

脇は、直角で縫わずに、カーブで縫います。表返したときに、ひきつらないですよ。

袖口を仕上げる:手縫いでTシャツを作る方法

袖口は三つ折りしてまつり縫いします。

次の襟ぐりのまつり縫いを参考にして下さいね。

襟ぐりは三つ折りで仕上げる:手縫いでTシャツを作る方法

襟ぐり(首の出るところ)を前回は、バイアステープで仕上げました。

今回はもっと簡単に作るため、何も付けずにそのまま、縫い代を5mmの三つ折りにしました。

まず、このように折ってから(二つ折りの状態)↓ 

さらにもうひと折りすれば、三つ折りになります。待ち針で止めます。

三つ折りしたら、細かくまつり縫いします。

なるべく縫い目が表に出ないよう、布をすくう分量を少なくしましょう。まつり縫いした状態は、下のようになります。

すそを仕上げる:手縫いでTシャツを作る方法

前回は、三つ折りしてまつり縫いしました。

手縫いでTシャツを作る方法

今回は、すそを二つ折りにして、半返し縫いしました。

表側にステッチが出るようにしています。

完成です:手縫いでTシャツを作る方法

めっちゃシンプルな形のTシャツの完成です。

すそにフリルを付ける:手縫いでTシャツを作る方法

娘のTシャツは、丈が足りなかったので、幅6cmのバイアステープを作ってフリルを付け、丈出ししました。

バイアステープを作る:手縫いでTシャツを作る方法

布をななめ45度の角度で切り、端を中表に重ねます。下の画像を参考にしてね。

赤い線のところを半返し縫いします。

三角形のとがったとことを切り落とせば、バイアステープができます。

バイアステープでフリルを作る:手縫いでTシャツを作る方法

バイアステープの両端を中表にして、縫い合わせます。

テープの輪の片側にギャザーを寄せます。2本取りの糸で並縫いをし、ギューッと絞ってフリル状にします。身頃のすそ幅と寸法を合わせて玉止めします。

身頃にフリルをピンで止め、縫い付け、合体します。

フリルを縫い付けましたが、このままでは、ふわっとフリルが浮いた感じになってしまっています。

少し落ち着かせたいので、上からステッチを入れていきます。

細かい半返し縫いでステッチを入れました。浮いた感じが消え、しっくりきました。

フリルを付けるメリットは?

  • このようにフリルを付けるだけで、着てみるとスゴくかわいくなります
  • 着丈の寸法が足りないときも、フリルで幅出しができます

手縫いでTシャツを作る方法

フリルは共布でなくても、幅広のレースを付けたり、レースを段々に重ねたりしてもいいですよ。シンプルバージョンの次は、ぜひ挑戦してみてね。

まとめ:手縫いでTシャツを作る方法

余り布たった1mで作る「手縫いでTシャツ作り」のポイントをまとめます。

  • ミシンがなくても、ニット地は縫える
  • 100均の普通の縫い針と糸があれば縫える
  • 伸縮縫いは「半返し縫い」で対応できる
  • 生地のムダ使いをせず余り布をしっかりとキープしておき、袖などの細かいパーツなど、使えるところにMAX使う

最小限の道具と材料で、ニット地の服作りはできますので、ぜひ挑戦してみてね!

手縫いでTシャツを作るには?

手縫いでニット地の服作りに関心のある方は、前回の記事を参考にして下さいね。

型紙なしで服を作るには?

型紙を作らなくても、コピーメイドの記事を参考にすれば服作りはできますよ。

ミシンが気になる方には、こちらをご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました