スポンサーリンク

Tシャツの首が苦しい!手縫いでTシャツの襟ぐりを広げるには?

手縫いでTシャツの首まわりを広げるには? 服リフォーム・ハンドメイド

せっかくデザインは気に入っているのに、首が詰まっていて苦しいので、なんだか着たくなくなるTシャツってありませんか?もったいないですよね。

ミシンは持ってないし…というあなた。ご安心下さい。カンタン3ステップで、スッキリ着やすいTシャツに変身しますよ。

スポンサーリンク

リブを切り取る:手縫いでTシャツの襟ぐりを広げる

まず、苦しい原因「リブ」を切り取りましょう。

苦しいTシャツの襟ぐり(首回り)には、リブが付いていますので、それを切り取って下さい。

リブとは?
ニットのように伸び縮みする、帯のことです。それがキツくて、首が苦しいことが多いですよね。
リブが付いてない時は?
リブじゃなくても、苦しい時は、とりあえず、ぐるりと一回り、切り取って下さい。

三つ折りする:手縫いでTシャツの襟ぐりを広げる

切り取った後は、薄い生地になってると思います。そこを三つ折りにしましょう。

三つ折りできない分厚いテープが貼ってあるところは?
テープを5mmほど、切り取って下さい。すると、三つ折りしやすくなります。

まつり縫いする:手縫いでTシャツの襟ぐりを広げる

あとは、三つ折りしたところを細かくまつり縫いするだけです。

なるべく、表側に縫い目が出ないよう、生地をすくえばOK。

できあがり:手縫いでTシャツの襟ぐりを広げる

首が詰まった感じがなくなり、着やすくなりました。下は、表側が見たところです。

そんなに違和感ない仕上がりだと思います。Tシャツというより、カットソーみたいな感じの仕上がりになります。

まとめ:手縫いでTシャツの襟ぐりを広げる

この方法で、苦しいTシャツの襟ぐりを広げることができます。針と糸があれば気軽にできますし、仕上がりも違和感ないので、ぜひ挑戦してみて下さいね。

ミシンが気になる方は、こちらも参考にしてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました